更年期障害 症状

更年期障害の症状

一般的に更年期障害になる年齢、更年期と判断されるのは45歳〜55歳といわれています。しかし、ストレス社会の現在、30代の女性でも更年期よりももっと早くから症状が現れてくることもあります。

 

更年期障害の症状は様々で、大きく分けて自律神経失調の症状、精神的な症状があり、よく知られているホットフラッシュなどの軽度の症状もあれば入院治療を必要とする場合もあります。

 

更年期障害の厄介なところは検査をしてわかるというものではないからです。なにかの症状が出てから診察、検査後に病気が発見されなかった場合で、更年期にあたる年齢の女性の場合は更年期障害であると結論付けされてしまいます。

 

女性で、定期的に生理がきていれば、いつかは必ず閉経を経験する事になります。多くの方は生理周期がだんだんと間隔が空くようになっていき、生理の日数も少なくなります。そして、閉経を迎えるのです。

 

閉経は大体50代で起こる事が多いようですが、最近ではストレスや過度のダイエットで若くして閉経してしまう方もいます。生理の開始が皆ばらばらなように、閉経も個人差があります。

 

閉経をすると、女性ホルモンの分泌が急激に下がるので身体がついていけず、更年期障害が起こることもあります。

 

更年期障害もまた、個人差の大きいものですが、多い症状としては、情緒が安定せず、自分自身がコントロールできなくなったり、異常にほてり、汗だくになるホットフラッシュなどがあります。

 

起き上がれないほど身体がだるかったり、頭痛や関節痛が起こることもあります。また、女性ホルモンが低下する事で、骨のカルシウムが溶け出し骨粗しょう症のリスクも高まります。

 

不調意外でも、髪の毛のコシが無くなったり、爪がやわらかくもろくなったりと、症状は多岐にわたります。しかし、これら全てが症状としてあらわれるわけではありませんし、症状が出たとしても一生続くわけではありません。

 

女性なら閉経は必ず通る道なので、あまり悲観的になりすぎず、症状が出てきたら、生活習慣を見直したり、婦人科を受診するなどして上手に付き合っていくことが大切です。