更年期障害 プラセンタ療法

更年期障害を楽にするプラセンタ療法

PMSと似たような症状が多い更年期障害もやはりホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れから起こるものです。更年期は多くの人は苦しめられ、避けることができない症状でもあります。しかし、どんな形で、いつ来るのかは様々で、予測不可能なものでもあります。

 

一番は自律神経の安静度。更年期症状の殆どがこの自律神経の失そうでおきるものなので、体質的に自律神経が不安定な人こそその症状が酷く、長く続きます。

 

気分転換がすぐできず、些細なことで悩む人、神経質的で自己中心な人などが障害がおきやすいタイプです。このタイプの人たちは体の小さい変化にも敏感に反応し、不眠、不安などの精神的な症状を伴う場合も多いのです。

 

二番は生活習慣です。つまり、更年期は「人生の終わり」ではなく、これをきっかけに「第2の人生」を生きる心構えと生活態度が重要です。従って規則的な運動や自分の能力を活かした仕事を持つことと、趣味生活で積極的な前向きの生活をしようとする人たちは更年期障害をさほど酷く経験しないです。

 

更年期は身体のいろんなところからの老化の前兆が見え、肉体的な綿では不安定な時期でもありますが、一方、自分だけの人生を楽しめる、すばらしいターニングポイントでもなるのを忘れてはいけません。

 

更年期症状を予防、治療するのにいい運動は散歩、登山、自転車、ゴルフなどの有酸素運動が適当で、同時にストレッチやヨガなども大きい効果を見ることができます。運動を無理やりするより、自分が好きな運動を観覧することで精神的な緊張感を緩和し、ストレスをほぐすのもいい方法です。

 

症状を軽くするために、ホルモンバランスを整えるということがあります。更年期を迎える前までは誰よりも元気でも、更年期障害がすごく重かったという話は多いです。

 

更年期障害が合わられてきてからでも、十分に間に合う方法としてプラセンタ療法があります。クリニックなどでも行うことができますが、自宅でプラセンタサプリや、ドリンクを飲むだけでも全く違ってきます。

 

もちろん、その効果には個人差がありますが、毎日の辛さ、苦しさを軽減する可能性が高いです。